税理士との良い関係

相続税申告に優れている税理士が見つかりましたら、良い関係を保てるように心がけるとより相談がしやすくなるでしょう。では、どのようなことを心掛ければ良いでしょうか。
まずは税理士といえども、人間です。人と人の良い関係に努めましょう。信頼して税理士の話をよく聞く、分からないことは恥ずかしがらずに質問する、期待していた以上に丁寧な対応をしてもらったら、感謝の気持ちを伝えるなど、社会で生きる人としての常識的な態度を忘れずに接しましょう。

こちらが税理士に支払うお金は安いとは言えないものですから、それをいいことに高飛車な態度を取っていたりしますと、当然ながら相手にも良い印象を与えないでしょう。また、税理士のことは「先生」と呼び、常に「よろしくお願いします。」というような姿勢で接すると、相手も気持ちが良いでしょう。それに税理士にとって皆様はお客様ですから、依頼人に悪い態度を取ることはないでしょう。つまり、お互い様という事です。(もし、悪い態度を取るような税理士でしたら、このような大事な案件は依頼しないはずです。)

こういったことを踏まえ、税理士との良い関係を築きましょう。そうしましたら、税理士は相続税申告だけでなく、他の事でも気持ち良く助けてくれるでしょう。